生活保護申請を行う時に必要な知識やコツについてご紹介

年金受給者でも生活保護申請が出来ます

タイトルが書かれた本

「老後に年金以外に2000万円の貯金が必要」という統計調査が金融庁から発表されて話題を呼びましたが、「全然貯金がない。年金に頼るしかない」という人もいます。「年金だけでは足りない。これでは生活保護以下の生活になってしまう。どうやって老後生活していこう」と心配に思っている人たちもいるんではないでしょうか。そんな心配をされている方、年金を受給していても生活保護申請をすることが出来ることをご存じでしたか。年金と生活保護費は同時に受給することが可能なのです。ただし、生活保護で受けられる金額は厚生労働大臣が最低生活費から年金受給額を引いた金額になります。生活保護費と年金を二重で受け取ることはできません。
年金は障害年金のほかに遺族年金、障害年金がありますが、どれも同じで生活保護申請が出来ます。
もし、障害者になってしまって働くことが出来なくなってしまい、生活保護申請をしようとした場合、申請手続きを行う福祉事務所で「障害年金」の申請をすすめられます。これは、「生活保護は他にお金を得る手段があるのなら、必ずそれを活用しなければならない」というルールがあるためです。このような場合には、障害年金の申請をしてみてください。

RECENT CONTENTS

必要な時には生活保護申請を!

タブレットを見る老夫婦

生活保護は、日本国憲法で規定された「健康で文化的な最低限度の生活」を送れない時のための制度です。近年では生活の困窮が理由で命を絶ってしまう人も…

もっと読む

年金受給者でも生活保護申請が出来ます

タイトルが書かれた本

「老後に年金以外に2000万円の貯金が必要」という統計調査が金融庁から発表されて話題を呼びましたが、「全然貯金がない。年金に頼るしかない」とい…

もっと読む

生活保護申請は自己破産してもからでもできる

説明をする様子

さまざまな理由から多額の借金をしてしまい、その返済ができなくなったときにはいくつかの救済措置があります。それが債務整理というものです。この債務…

もっと読む

生活保護申請で大切なことは今現在の収入の額

ガッツポーズをする

生活が困窮して明日の食費にも事欠くという状態の人は、この現代ではけっして少なくないのが実状です。言うまでもなく人はお金がなければ食べることもで…

もっと読む