生活保護申請を行う時に必要な知識やコツについてご紹介

必要な時には生活保護申請を!

タブレットを見る老夫婦

生活保護は、日本国憲法で規定された「健康で文化的な最低限度の生活」を送れない時のための制度です。近年では生活の困窮が理由で命を絶ってしまう人も増えていますが、そのような決断をしてしまう前に生活保護も選択肢として頭に入れておくべきです。生活保護は特別な人のためのものではありません。まず生活保護申請の前には、自治体の相談窓口で、自分が申請するべきかを相談します。どんなに収入が途絶えていても、持ち家や車、売るとお金になるような財産がある場合には、生活保護の対象にはならないのです。生活保護申請の前には、まず自分の財産を見直していきましょう。見直すだけでなく、財産を手放す必要があります。このとき財産の売却して得たお金で生活を立て直すこともできるかもしれません。それでも生活が立ち行かない場合には、生活保護申請をします。申請の後には、担当者による調査が行われます。預金通帳や給与明細も調べられますが、プライバシーは守られますので調査に協力しなくてはいけません。調査結果をもとに、生活保護が必要だと認められると、生活保護費が受給できるようになります。その後、収入が増え、厚生労働省の定める最低生活費を上回ると受給資格は失われます。生活保護を足がかりとして生活を立て直し、再び財産を持つこともできるのです。

RECENT CONTENTS

必要な時には生活保護申請を!

タブレットを見る老夫婦

生活保護は、日本国憲法で規定された「健康で文化的な最低限度の生活」を送れない時のための制度です。近年では生活の困窮が理由で命を絶ってしまう人も…

もっと読む

年金受給者でも生活保護申請が出来ます

タイトルが書かれた本

「老後に年金以外に2000万円の貯金が必要」という統計調査が金融庁から発表されて話題を呼びましたが、「全然貯金がない。年金に頼るしかない」とい…

もっと読む

生活保護申請は自己破産してもからでもできる

説明をする様子

さまざまな理由から多額の借金をしてしまい、その返済ができなくなったときにはいくつかの救済措置があります。それが債務整理というものです。この債務…

もっと読む

生活保護申請で大切なことは今現在の収入の額

ガッツポーズをする

生活が困窮して明日の食費にも事欠くという状態の人は、この現代ではけっして少なくないのが実状です。言うまでもなく人はお金がなければ食べることもで…

もっと読む