生活保護申請を行う時に必要な知識やコツについてご紹介

生活保護申請とは?どのくらいの金額が貰えるの?

手の平の上にアイコン

生活保護申請とは生活が窮屈、困難な人が申請することが出来る制度です。この制度は生活出来なくて困っている人に向けた制度で、最低生活費が足りたいと思ったらすぐに申請してください。福祉事務所の生活保護担当で申請をすることが出来ます。福祉事務所が設置されていない地域に関しては区役所及び市役所にて申請可能です。

生活保護申請の金額ですが、最低生活費と収入を比較して最低生活費に足りない分が支給されます。その為、お金に困っていたらまずは相談することをおすすめします。最低生活費は細かく設定されており、日曜生活費に必要な費用、アパート等の家賃、義務教育を受けるために必要な学用品費、医療サービスの費用、介護サービスの費用、出産費用、就労に必要な技能の修得等にかかる費用、葬祭費用の8項目あります。出産や冠婚葬祭も対応しているので幅広く申請することが可能です。

生活自立もサポートしており、毎月収入の内容を報告したり、ワーカーが訪問し受給者は自立をめざします。

生活保護申請について紹介しましたが、お金に困っていたら1人で抱え込まずにまずは相談しましょう。生活保護申請は命を守るための制度です。うまく有効活用してください。

生活保護申請は調査に時間がかかるので早めに行おう

生活保護申請をすると、原則として14日以内に可否を決定することになっています。しかし、調査の必要性から最大30日まで延長可能となっており、実際は14日以内に決定を受けられることは少ないです。生活保護申請はこのように、受給決定がなされるとしても一か月ほどかかるのが普通なので、現在生活に困っていて生活保護申請を考えているのであれば、今すぐにでも申請を開始しておくことをおすすめします。長引けばそれだけ生活保護を受けられるまでの時間が遅くなりますし、生活保護を検討している方はすでにお金に困っているはずなので、一刻も早く救済を受ける必要性は高く、そのためには早めの申請が必須です。
福祉事務所へ申請しに行ったのに、いろいろと理由を付けて帰そうとする水際作戦に遭遇するケースもあります。しかし、生活保護の申請をする権利は誰にでもあり、その後の調査で可否が決定されるわけなので、この水際作戦に従う必要はありません。相談に来たのではなく申請しに来たことを強くアピールして、確実に申請ができるように強めに出るようにしましょう。もし強気に出ても断られるようであれば、生活保護申請のサポートや相談を受け付けている専門家に相談してみてください。

生活保護申請に通るためのコツは?

生活保護は生活に困窮した人を救済するための制度で、誰でも条件を満たせば受けられます。もちろん、誰でもフリーパスで貰えるわけではなく、まずは生活保護申請をして、その後に審査を受けて開始決定か却下決定が下されます。いずれにせよ、生活保護申請をしなければこの審査すら始まらないので、生活に困っている方は最初に生活保護申請を行ってください。これは、福祉事務所で行いますが、口頭で申請することもできます。法的には福祉事務所からもらった書類に書かなければならないということはないので、申請書がもらえないという場合は自分で作成しても構いません。
現金化できる資産がある場合は、生活保護を受けたいなら売却して生活資金に当てなければなりません。これは、ケースワーカーなどから指導されますが、スムーズに生活保護申請を通したいなら、あらかじめ処分しておいた方が良いでしょう。現金化できる物はすべて売らなければならないわけではなく、日常生活に必要な物であれば保有は認められます。例えば、パソコンやスマートフォンといったものは、所有を認められます。車やバイクといったものは、交通事情などにもよりますが、基本的には売却を求められます。

もしも今現在住む場所がなく車で生活をしているという状態なのであれば、先に【生活保護受給者向け住居支援センター】に相談することをお勧めします。すぐに入居できる物件を紹介してもらえるだけでなく、【生活保護受給者向け住居支援センター】が生活保護申請をサポートしてくれる場合もあるので、一人であれこれ悩まずに1度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

RECENT CONTENTS

必要な時には生活保護申請を!

タブレットを見る老夫婦

生活保護は、日本国憲法で規定された「健康で文化的な最低限度の生活」を送れない時のための制度です。近年では生活の困窮が理由で命を絶ってしまう人も…

もっと読む

年金受給者でも生活保護申請が出来ます

タイトルが書かれた本

「老後に年金以外に2000万円の貯金が必要」という統計調査が金融庁から発表されて話題を呼びましたが、「全然貯金がない。年金に頼るしかない」とい…

もっと読む

生活保護申請は自己破産してもからでもできる

説明をする様子

さまざまな理由から多額の借金をしてしまい、その返済ができなくなったときにはいくつかの救済措置があります。それが債務整理というものです。この債務…

もっと読む

生活保護申請で大切なことは今現在の収入の額

ガッツポーズをする

生活が困窮して明日の食費にも事欠くという状態の人は、この現代ではけっして少なくないのが実状です。言うまでもなく人はお金がなければ食べることもで…

もっと読む